【閉鎖病棟入院記】vol.0 入院準備

以前書いたとおり、6月1日から2〜3ヶ月ほど入院することになりました

いままで反復性うつ病と診断されていましたが、入院先の病院の診察では「双極性障害Ⅱ型」と診断されました。これはうつ状態と軽躁状態を繰り返すというものです。思い返してみると、確かに当てはまるところがあるかも。普通だ、調子がいい、と思っていた期間は軽躁状態だったのかもしれません。なにせもう10年以上こんな調子なので普通がどんな状態なのか分からなくなっているのです。

さて、その治療のために入院することが決まったわけですが、入院なんて小学校一年の時に首のリンパが腫れて1週間ほど入院した時以来です。

そこで入院準備編として持ち物について書いていこうと思います。

スポンサードリンク

今回厄介なのが閉鎖病棟だということ。一般病棟と違い、持ち込み禁止のものがいくつかあります。

■持ち込み禁止なもの
ヒモ類(パーカーのヒモやズボンのベルトなど)
刃物、カミソリ
ガラス製品(コップや化粧水などの瓶など)
ライター
その他危険物

ヒモ類は首吊り防止のため、刃物・カミソリ・ガラス・ライターも自分や他人を傷つけないために禁止です。
これはどこの閉鎖病棟でも共通だと思います。
また、私の病院では書類に明記されてませんでしたが、アルコールの持ち込みも禁止のようです。まぁ当然かと思いますが、病院によってはアルコール入り化粧水もアウトだとか。き、厳しい…。

私の場合、入院先に閉鎖病棟しかないため強制的に閉鎖病棟に入院することになったのですが、自傷・他傷の可能性が低いことから、スマホの充電ケーブルやイヤホンは自己管理できるかもしれません。まだわかりませんけれど。(13年くらい前に首吊り未遂しているので)

ということで、持ち物リストを作ってみたので公開します。

■衣類
下着
普段着上下(肌の露出の少ないもの)(着替えを含めて2〜3着)
パジャマ
靴下(黒以外)

■洗面道具
シャンプー
リンス(トリートメント)
歯ブラシ
歯磨き粉
洗面器(必要であれば)
石鹸
石鹸入れ
浴用タオル
ヘアブラシ
コップ(プラスチック製)(歯磨き用)
バスタオル3枚
タオル3枚

■その他
サンダル
運動靴(外履き)
箱ティッシュ
小銭入れ
生理用品
洗濯物を入れる袋
コップ(プラスチック製)(飲み物用)(歯磨き用と兼用でよければ必要なし)

■私が独自に持っていきたいもの
スマホ
タッチペン
メガネ拭き
化粧水
ハンドクリーム
リップクリーム
オロナイン

ヘアクリップ
ヘアゴム
小説本
耳栓
クリアファイル
ノート
筆記用具(シャーペン、消しゴム、ボールペン)
封の出来る小分けパック数枚(大・小)
エコバッグ
ランチトートバッグ

■持っていきたいけど先生の確認が必要なもの
スマホの充電ケーブル
ポータブルDVDプレーヤー(と充電ケーブル)
イヤホン
手鏡(割れにくいもの)

「閉鎖病棟 入院 持ち物」でググって出てきたものを参考にしました。
この他にも置時計やゲーム機、携帯ラジオなどを持ち込んでいた方もいるようです。

ただし恐らくこの病院の場合、規制がゆるいほうだと思います。スマホの充電ケーブルを自己管理できている人もいるようだし、スマホ自体の持ち込みも許されています。外界から遮断するためにスマホや携帯やタブレットの持ち込みが禁止の所もあるようです(閉鎖病棟ですからね)。あとカメラ付きが禁止だったり、音楽プレーヤーに録音機能が付いてたらアウトとか。
その病院と病状によると思うのでそこは病院の先生と相談という形になると思います。

この他に洗濯ができるようであれば洗剤やハンガーなども必要になりますが、私の入院先では洗濯はできないそうなので持っていきません。

とりあえずリスト通りに荷造りしてみましたが、何より大変だったのが衣類を含めた持ち物全てに名前を書くこと!これはある程度元気がないとできません。ほぼ寝たきりな最悪の状態の時だったら絶対自分だけではできなかったと思います。そういう意味ではまだマシなうちに入院することになって良かったです。

次回からいよいよ入院の様子を書いていこうと思います。毎日は書けないかも知れませんが、できる限り更新するつもりです。
もし興味があったら見ていってくださいね。

The following two tabs change content below.
小鳥遊みちる

小鳥遊みちる

双極性障害Ⅱ型を患いながら30代から小説家を目指す。個人サークル「天鏡ラボラトリー」で活動。好きなジャンルはSF。サイボーグやアンドロイドが好き。現在自宅療養中。11月29日生まれ。福島県郡山市出身。千葉県在住。
スポンサードリンク