精神障害者保健福祉手帳を取得しました。そのメリットとは?

去る4月12日に交付の通知が届き、13日に役所で受け取ってきました。
等級は3級でした。まあ予想通りといったところ。

ではこの手帳があることでどんなメリットがあるのか、ちょっとまとめてみました。

スポンサードリンク

■障害者保健福祉手帳があってもお金はもらえない
まず間違えやすいのが、障害者保健福祉手帳と障害年金は全く別であるということです。
手帳があったらお金がもらえるわけではなくて、別途手続きをしなくてはいけません。また、手帳の等級と年金の等級は判断基準が異なります。これは社労士さんのお世話になるような手続きなので、私はまだすぐに申請する予定はありません。でもいずれ相談に行こうと思っています。

それでは、障害者保健福祉手帳(以下保健福祉手帳)3級の場合のメリットを見ていこうと思います。因みに千葉県のものなので地域によって違いがあります。

■税の控除・優遇
所得税・住民税・相続税の控除と預金利息等の非課税が受けられます。

■交通機関
バス運賃の割引が受けられます。因みに身体障害者手帳と療育手帳の場合は鉄道・バス・航空旅客・タクシー運賃の割引が受けられますが、保健福祉手帳の場合はバスのみです。
その他に自転車駐車場の利用料金免除も受けられます。

■NHK放送受信料の減免
これは条件があります。保健福祉手帳3級の場合、手帳を持つ人が世帯構成員で、かつ世帯全員が市町民税非課税の場合に限り全額免除になります。
うちは該当しないので受けられません。

■携帯電話の基本使用料の割引
これはさっそくauに行って手続きしてもらったのですが、ついでにプランも変更したところ、基本使用料1700円が実質無料になりました。お得です。

■NTTふれあい案内
104の番号案内料金が無料になります。

■障害福祉サービス
必要に応じて介護や訓練などのサービスを受けることができます。

■地域生活支援
移動支援サービスは上記の障害福祉サービスのうち「行動援護」の決定が受けられなかった人が対象です。
日中一時支援サービスは冠婚葬祭・介護者の休息などにより、一時的に見守などを必要とする場合などに受けられます。これらは3級程度ならあまり必要ないかも。

■配食サービス
自分で調理することが困難であり、一人暮らしである等から家族や親族から食事の提供を受けられない人が対象です。1日1食届けてくれるそうです。

■職業紹介・相談
それぞれのハローワークで相談・紹介・支援を行っています。私も最寄りのハローワークで障害者雇用として登録してきました。

他にも色んなサービスや相談窓口がありますが大まかなところはこんな感じです。
詳しくは手帳と一緒に手引きを渡されると思うのでそれを読んでください。

そうそう、他にもメリットがありました。
美術館や博物館、水族館などの施設が障害者割引で付き添い1名まで割引や無料になる場合があります。
このお陰で国立新美術館のミュシャ展は無料で見れたし、森アーツセンターの大エルミタージュ展は半額で見られました。国立科学博物館の大英自然史博物館展は無料だった上に整理券待ちもスルーできて待ち時間ゼロで入れました。体力がないのでありがたかったです。
また、大きな映画館だと付き添い1名まで1000円で映画を見られたりするのでお得です。
これは是非活用したいところです。

手帳を持つほどしんどいこともありますが、使えるものはなんでも使う精神で少しでもラクに楽しく過ごせたらいいなと思います。

The following two tabs change content below.
小鳥遊みちる

小鳥遊みちる

双極性障害Ⅱ型を患いながら30代から小説家を目指す。個人サークル「天鏡ラボラトリー」で活動。好きなジャンルはSF。サイボーグやアンドロイドが好き。現在自宅療養中。11月29日生まれ。福島県郡山市出身。千葉県在住。
スポンサードリンク