「猫の居る休憩所299」に行ってきました

アニメプラザ池袋店のコラボカフェ「あざらしさんカフェ」の入場待ちの間、ご近所の「猫の居る休憩所299」という猫カフェにお邪魔しました。(あざらしさんカフェの記事はこちら→また「あざらしさんカフェ」に行ってきました(2回目))

「猫の居る休憩所299(にくきゅう)」は、平均的な猫カフェの4倍の広さを持ち、マンガ2000冊を完備しているというちょっと変わった猫カフェ。開放的な漫画喫茶に猫がいる、という感じ。

スポンサードリンク

店内はソファ席が中心で、畳エリアにはこたつもあります。PC作業に便利なテーブル席もあるので、コワーキングスペース感覚でノートパソコンを持ち込んでお仕事も出来ます。電源とWi-Fiの利用が自由でスマホやタブレットの充電もできます。

マンガの他にも雑誌やカードゲーム、ボードゲームも用意されており、ネットゲームも出来るそうです。
アルコール以外の飲食物も持ち込み可です(入店時にチェックします。猫に与えてはいけません)。

システムは10分200円、自動的にパック料金に切り変わり、時間料金の上限が平日は2000円、土日祝は3500円となっています。何時間滞在しても上限金額を超えることはありません!(オプション料金は除く)
フリードリンクは350円、猫のおやつは500円で販売しています。
もちろん撮影は自由です(フラッシュ禁止)。
抱っこは禁止ですのでご注意を。


ドリンクには必ずフタをします(転倒対策)。

オーソドックスな猫カフェよりは猫との触れ合いは少ないかも知れませんが、店内は清潔感があり臭いもなく、広くて落ち着いていて、ゆったり寛ぐにはちょうどいい場所です。

猫と遊ぶのもよし、マンガを読むもよし、思い思いにくつろげるのでココはおすすめです。

猫の居る休憩所299(にくきゅう)
http://www.nya-n.jp/299/

The following two tabs change content below.
小鳥遊みちる

小鳥遊みちる

双極性障害Ⅱ型を患いながら30代から小説家を目指す。個人サークル「天鏡ラボラトリー」で活動。好きなジャンルはSF。サイボーグやアンドロイドが好き。現在自宅療養中。11月29日生まれ。福島県郡山市出身。千葉県在住。
スポンサードリンク